ERPビジネスエクスプレス文書(印刷モード照会)  


ヘッダ
標題 待つことのできない技術者
ID 1354 登録日時 2012-12-19 22:31:23
カテゴリ PROJECT 作成者 DCCWkWCJTDnMY

内容
モノを作りたがる技術者が多い。

管理視点で見れば、
着手条件を満たしていないものを
着手すれば、結果は失敗に終わるケースが多い。

・開発期間の長期化
・品質の劣化
・他タスクへの影響(時間を奪われる)

管理者の制止を振り切って
技術者の独断で勝手に着手するケースがあるが、

請負の場合は、次のような結果になる。

・顧客の責任が開発側にシフトする。
・工数の増大。
・技術者の自滅。

着手条件を満たすまで、
開発に着手してはならない。

プロセスジャンプは、
失敗の元だ。

そういう失敗をするひとに限って、
報告もせず、納期直前に遅延連絡をしたり、
納期日になって終わっていないということが多い。

作ることが目的ではなく、
品質の低いものを作らないことが目的なのだ。

添付ファイル
種類 サイズ(KByte) 0




Copyright (C) 2003-2006 ERP Business Express. All Rights Reserved.