ERP Business Express- 過労死する前に読む本 Unlimited会員なら無料


検索


検索対象資料
R/3-ABAP-業務用語:英数
R/3-ABAP-業務用語:ア
R/3-ABAP-業務用語:カ
R/3-ABAP-業務用語:サ
R/3-ABAP-業務用語:タ
R/3-ABAP-業務用語:ナ
R/3-ABAP-業務用語:ハ
R/3-ABAP-業務用語:マ
R/3-ABAP-業務用語:ヤ
R/3-ABAP-業務用語:ラ
R/3-ABAP-業務用語:ワ

R/3-ABAP-業務
用語集全件


旧検索機能


追加資料

調査
技術
業務




R/3案件情報

・非常識なメルマガ(廃刊)




質問掲示板
過去ログ倉庫
erp-sap.com 解説書



リンク
ABAPヘルプ
SAP ABAP Programming

その他リンク

相互リンクただ今受付中!!

スマホ対応しました。縦横どちらでもご利用いただけます。( )

文書照会

ヘッダ
標題 EAI (enterprise application integration)
ID 71 登録日時 2005-10-23 11:57:29
カテゴリ WORD 作成者 DC/2MhwTRg9C2

内容
イー・エー・アイ / エンター・プライズ・アプリケーション・インテグレーション 企業内の異なるシステム同士を連携させること、またはそのためのツール。EAI以前にも システム間を接続することは行われていたが、通常それぞれの1対1の接続案件を個別に開発 していた。EAIは1対N、N対Nの連携を前提して、拡張性の高い柔軟なシステム基盤を作り上 げることが目的となる。 メインフレーム・システムやERPパッケージ、個別の業務アプリケーション、Webシステ ムなど、異種システムはデータを入出力するインターフェイスがそれぞれ異なるため、それ らをつなぐ際には互いにデータの受け渡しができるようインターフェイスやデータ変換プロ グラムを個別に開発する必要がある。しかし複数のシステムを相互に連携させる場合には接 続部分の作り込みが膨大になるうえ、個々のシステムがバージョンアップやリプレイスされ ると、関連する連携プログラムも新しく開発し直す必要が生じる。 こうした問題を解決するのがEAIツールである。ツールとしてのEAIは、異種システム間 を連携するためのミドルウェアで、主要なメインフレームや業務パッケージのインターフェ イスをあらかじめ備えており、企業内システムに“ハブ”として置くことで、あたかもソケ ットを差し込むようなイメージで複数のシステムを効率的に連携できる。また、単なるデー タ送受信の仕組みではなく、ワークフローに従って必要なデータを最適なタイミングで別シ ステムに渡すことで、ビジネスプロセスの迅速化も実現できるとされる。 2002年後半ぐらいから、EAIツールベンダ各社は、特に単なるデータ連携ではなく「ビジ ネスプロセス連携」を強く打ち出しており、「ビジネスプロセスマネジメント(BPM)」ツ ールと銘打っている製品も多い。代表的な製品としては、IBMの「WebSphere Business Integration」、マイクロソフトの「BizTalk Server」、ウェブメソッドの「webMethods 」、ビトリア・テクノロジーの「BusinessWare」、ティブコソフトウェアの「TIBCO ActiveEnterprise」、シービヨンド・テクノロジーの「e*Gate Integrator」、Mercator Softwareの「Mercator」などがある。

添付ファイル
種類 サイズ(KByte) 0

印刷用表示


SAP(Japan)
SAP(Germany)SAP(China)
ABAPヘルプ(4.6C)ABAPヘルプ(Ent)SAP Developer Network